人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

太宰府天満宮〜雪の初天神

 1月25日、太宰府天満宮初天神祭が斎行された。
珍しく雪が積もり、清々しい気持ちで参拝が出来た。お宮の御本殿、楼門、回廊、飛び梅を始め周辺の木々も、雪をかぶり神々
しさを感じた。

今年は「丑年」であるが、牛が道真公の神使とされ、その信仰は菅原道真公が丑年の丑の日生まれで、命日も丑の日で、牛が刺客から道真公を救ったなどの伝説が残ってる。そのため境内に大小数多くの牛の像を見ることができる。
    (太宰府天満宮発行の「飛梅」より引用)                                                                
 
今年は「丑年」だったため、年賀状に楼門の東側前の「銅製神牛像」をカメラに納め年賀状に使わせて戴いた。
  「飛梅」によると、文化2年(1805)博多の絵師、鋳物師の作で、昭和37年
  (1962)福岡県の文化財に指定されてる。

昨年は、膝の手術や入院、家族の介護と振り回されたが、今年は焦らず、一歩一歩堅実に牛の様に歩を進めたいと思っている。

太宰府天満宮 楼門東側前 御神牛 (福岡県文化財)
b0124456_2149692.jpg

楼門を入り御本殿に向かって右手 (秋〜紅葉)
b0124456_21545148.jpg

楼門を入り御本殿に向かって右手 (09/1/25冬〜雪)
b0124456_2157448.jpg

雪の飛梅
b0124456_21582671.jpg

雪の飛梅と御本殿
b0124456_21595136.jpg

b0124456_9374796.jpg

雪の境内
b0124456_2211721.jpg

余香殿二階から撮影、左から御本殿〜回廊〜楼門〜参道
b0124456_2215330.jpg

b0124456_17534081.jpg

by catwalks2 | 2009-01-26 22:18